So-net無料ブログ作成
検索選択

現場でのパソコンの汚れ。 [仕事とか]

工場でパソコン使うと汚れますよね。
特にキーボードの汚れは、腹立ちますよね!
でも工場にはエアガンという強い味方があるので、一撃でキーボードの汚れをとってくれるはずです。
僕の愛用のエアガンは『KURITA』のエアガンです。
最近は浮気してチヨダというメーカーの強力なエアガンも使ってます。

さきほど、キーボードの汚れがひどいので、キーボードにエアガンでエアーを吹き付けたのですが、
鋳物とミストがこびりついて、エアーだけでは汚れがとれませんでした。集塵機がある部屋なんですけどね。

仕方なくキーをひとつひとつ外して、アルコール系のエアゾールで吹きながらウエスで拭きとることに・・・
1時間半かかりました~ これから先二度とやらないな(笑)
高校時代に友達の親が経営する雀荘で牌を拭くバイトを思い出しましたよ~



でもまぁ工場には道具があるから、まだいいですよね。
家のパソコンなんて、埃がすごいですもんね~
家にはエアガンなんてないし・・・・
みなさんどうしてます?キーボードの汚れ。
PC本体のファンの周りもすごいですよね。

k.JPG
コメント(0) 

最近、工場が人気らしいですよ。 [仕事とか]

最近、工場見学が人気のようですね。
少し前までは(今もだけど)工場の夜景が人気で、テレビなどでも紹介されていました。
写真集も出版されてるようで・・・

僕の場合、親戚のおじさんが工場を経営していたこともあり
物心ついたときから慣れ親しんでいる工場なのですが、
一般の人(工場に縁のない人)には工場はどう映ってるのでしょうかね?

道具とか工具とか機械などのマニアの人だったら、現場手作りの道具や工具を見て
『萌え~』ってなるかもしれないですけどね(笑)

最近の工場見学は若い女性に人気だとか・・・
うちの会社にもこないかな~工場見学。

ということで、本(漫画だけど)を紹介しますね。
作者の人が元エンジニアだったそうで、一般の人はもちろん、
工場で働いてる人が読んでも、面白いと思いますよ。
『2』は、まだ読んでないんだけど・・・


シブすぎ技術に男泣き!

シブすぎ技術に男泣き!

  • 作者: 見ル野 栄司
  • 出版社/メーカー: 中経出版
  • 発売日: 2010/01/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



シブすぎ技術に男泣き!2

シブすぎ技術に男泣き!2

  • 作者: 見ル野 栄司
  • 出版社/メーカー: 中経出版
  • 発売日: 2010/09/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



コメント(0) 

メガシンクロタッピングホルダをつかってみた。 [仕事とか]

先日紹介した大昭和精機の『メガシンクロタッピングホルダ』を実際に使いました。
削材はSKD61とSKS-3とHRC40くらいのプリハードンです。
タップはM16のピッチ2です。
今までのコレットで掴んでの加工だと、マシニングの主軸負荷のメーターが
上がりっぱなしでしたが、このタッパーを使うことでメーターが『上がったり、下がったり』です。
ちゃんと同期してる・・・ということなのでしょうかね?

当然『ムシレ』は、無し。加工面も良好です。



先日JIMTOF2010に行ったときに、うちによくくるビッグの営業さんにも経過を報告しておきましたよ。
あとデザインについての文句も(笑)
だって『メガ』ってかっちょいい名前つけてるわりには、ずんぐりしていて
メガチャックとかと並べると、かっちょ悪いんですもん(笑)


ちなみにオイルは前に紹介した『セリカット』を使いましたよ。

bbt.jpg



セリ.jpg

コメント(2)