So-net無料ブログ作成

MastercamX5 MU1 [仕事とか工具とか機械とか]

MastercamX5の最新バージョンをインストールしました。

ダイアログの立ち上がりが・・・・速い!

新しい機能は、はっきりいって今の段階ではどうでもいいのですが(笑)
ダイアログが爆速化したのは、かなり嬉しいです。

今までのは、ひと呼吸おいてからの立ち上がりでしたからね。
今度からはイライラせずにすみます。

このバージョン、ダウンロードだけして放置してたんだけど、
こんなことなら早くインストールしておけばよかったす・・・

MU1.JPG







コメント(0) 

マシニングのピッチを補正する② [整備記録]

本日、時間ができたので、マシニングのピッチ補正を実行しました。
なんとなく精度が落ち着く午前10時決行です。

記念すべき第一回目の補正はプラスとマイナスの符号を間違え、イライラスタートです。

OSPって、この種のパラメータは手入力なんですよね。しかも毎回再起動です。
ファナックはGコードでテキストデータを流し込めたはず。
OSPもそこらへん、なんとかしてほしいんですけど・・・・

マスタは600ミリのタイプを購入しました。
1000ミリでもよかったのですが、値段高いし、結局ずらさないと使えませんからね。

1.jpg

結局、3回補正を入れなおして満足のいく結果になったと思います。
パチンコではないですが『やめ時』が難しいです(笑)
『あと1ミクロン!』なんてやってると一生終わりません(爆)
実際、『これで完璧!』と思って測定しなおしたら全然ダメで1回前のデータにもどしましたから(笑)

2.jpg

さて・・・・
X軸だけの予定でしたが恒温室の温度も安定していたので
Y軸も調整しました。5ミクロンくらいずれてたかな?
慣れてきたのでY軸は20分ほどで終わりましたよ。

テストカットも済ませたし、あとは三次元にテストワーク乗っけて測定するだけです。
加工したワークを縦横変えて計ったのでたぶん大丈夫だと思います。



今回活躍したルーペの写真も貼っておきます。
これ便利でした。ちなみに倍率は2倍です。
最近ボーリングヘッドの目盛りが全然見えなくて・・・・

3.jpg
コメント(2) 

マシニングのピッチを補正する [整備記録]

先々週オーダーしたチェックマスタがようやく届きました。(現在恒温室で冷やし中)
今度の土曜日か日曜日にオークマのマシニングのピッチ補正をやります。(とりあえずX軸だけだけど)
いつもはメーカーに頼んでるんですけどね。


先日、マシニングのレベル調整を震災後(うちの会社は震度5強)はじめてメーカーに頼んだら、レベルがグニャグニャだったらしく、レベルを修正したら、今度はピッチがおかしくなっちゃったんですよね~
あいにく、そのときの作業者さんがマスタを持ってなかったのと「お客さんでもできますよ~簡単っすよ~」
の言葉で自分でやることにしたんです。
最近はマスタの使用料や運搬費もとられるようになってきて、「買ったほうが安いよね~」って思っていたし・・・

でも~普通、自分でやるんすかね?

できるかな~?

まぁやり方は先日、聞いたからなんとかなるでしょ。

目標はX軸 フルストローク1050ミリでマイナス2ミクロン。

たしか新品のときがそんな数値だったんですよね。


チェックマスタ.JPG


コメント(2) 

ワイヤー用のバイスを買った。 [仕事とか工具とか機械とか]

ナイショなんですけど、新しいワイヤー用のバイスを買ってしまいました。
このバイス、製造が追いつかないらしく2ヶ月も待ちました。
まぁ在庫を切らせてしまっていたらしく、最後の1個に間に合わなかっただけなんですけどね(笑)

MST社製のミドルバイスって製品です。

実はこのモデル『僕専用モデル』なんです。
何がって?
シールの向きを逆さまにしてもらっただけなんですけどね(笑)
MV.JPG

だって、使用上テーブルの手前で使うことが多いものなのにシールの字が逆さまっておかしいでしょ?
でもレベリングボルトのシールの向きはそのまんまですけどね、なぜか。
テーブルの向こう側でつかえば?という意見もあるかもですが、遠い場所だとレベル調整が難しいでしょ?


このバイス、かなりがっちりしてます。取扱説明書には3キロまでって書いてあるけど、もっと大丈夫ですよ。
10キロくらい大丈夫ぢゃないでしょうか?
写真ではわかりませんが、そこらぢゅうにネジ穴があいてます。
V型のブロックなどを取り付ければ、丸モノを掴むジグにもなりますね。
オプションであったっけ?作るより買ったほうが安いかな?


注意しなくちゃいけないのがワークをセットするとテーブルより3ミリほど低いんですよね~
コレ気をつけないと、下部のノズルと干渉しますよ~。
うちは厚さ5ミリのスペーサーをかましてますけど。
ITA.JPG
ワーク下面と下のノズルが離れるので加工条件としては悪くなるんですけど、
最終加工条件を1回多く加工したりして高精度のワークでもなんとか、イケてますよ。


さてレベル出しの動画をMSTの営業君が撮影してくれたんだけど・・・・まだ持ってこないな。
YOUTUBEにうPするの?いつ?
コメント(2)