So-net無料ブログ作成

エンドミルで完成バイトを削ってみました。 [仕事とか工具とか機械とか]

エンドミルで完成バイトを削ってみました。
ちなみに硬度計で測ったら『HRC67』という恐ろしい硬度でしたよ(汗)

今回は製品ではなく、営業から「削れるかな~?」という要望があり、テストカットです。
材料は会社にないので、2軒隣の旋盤工場さまからいただきました。
1インチ角なんですけど、スクエアエンドミルで側面・溝を加工して、
ボール(R4)で形状を掘り込んでみました。

使ったエンドミルはスクエアがVF-SDの8ミリ、ボールがVF-2SBのR4です。
ともに三菱マテリアルのエンドミルでHRC70まで削れるというスグレ物です。

VF-SDでの側面加工はぶん回せますが、ボール底刃での加工は高速加工とはほど遠い、
S4000、F400という加工条件です。
20×50×深さは4ミリの写真のような形状で、通常は10分もかからないはずですが60分くらいかかりましたよ。

しかしエンドミルはまだまだ使えそうで、やはり値段と性能は比例してるのですね(笑)
VF(インパクトミラクル)シリーズは高いですからね~


画像 004.jpg

画像 001.jpg
コメント(0)